名古屋 茶道教室 男性でも女性でもいい?【@体験】

ずっと女性の嗜みとしてのイメージがある茶道。
私あすぽんはずっと体験してみたいと思っていました。

最初は男性の趣味だった?時代とともに変わった茶道を嗜む人々

茶道教室 男性 名古屋

茶道はなんと昔は男性の遊び、芸術だったことをご存知でしょうか?
時代がうつろいすっかり女性の花嫁修業の一つとして広まりましたが、
近年では男性でも趣味としてハマる方が多いらしいです。
私の頭の中では茶道というと、少し裕福な家柄の女性が和室でのマナー、教養などを覚える為にやっている印象です。

誰でも聞いたことがある歴史的人物を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。
茶道には縁の無い私でも「千利休(センノリキュウ)」の名前聞いたことがあって、あまりにも有名です。明治時代の財界人、松永安座衛門も茶人であったというお話があります。
お茶のCMでもよく男性が起用されていますし、もしかするとそういう歴史的背景を汲んだものなのかも。

では女性はいつから茶道を始めるようになったのか

茶道教室 名古屋 女性

一体いつから女子も茶道を嗜むようになったのでしょうか?
一説では大衆的な広がりを見せた江戸時代だと言われています。
今の時代のように茶道の体験教室なんていうのもあったのかもしれません。
江戸時代って私たちにはものすごく昔のように感じますが、そういう昔の文化が今もなお受け継がれている そう考えると素敵です☆

明治時代になると学校の科目の一つにも茶道が加えられました。
当時の女性には『目立たずに控えめでいること』が求められていたことも関係していそうです。部活動などでやっているところはありますが、今の学校の授業ではなかなかお目にかかれないのでちょっと楽しそうですね^^

女性で有名なのは以前テレビ番組でも取り上げられた半澤鶴子さんでしょうか。
誰かをもてなすことのスタートラインとでもいうべき『茶事(ちゃじ)』に自分の人生をかけて全国各地に行脚している方です。
日本全国で見ても数えられるほどの人数しかいないのだとか。
茶事というのは昔々に千利休さんが考案した約4時間の茶会のことで、料理からお酒でもてなし、一番最後にお茶を振る舞う。
着物を着て車を運転して全国を巡りながら人々をもてなす姿はとても印象的でした。

名古屋の茶道教室

調べたら名古屋市内でも茶道教室のホームページが出てきましたのでご紹介させていただきます。
実際に男性でも参加できるかどうかなどは、通われるお教室にご相談下さい。

松月庵
https://www.sakadou.com/

名古屋市中区金山1-11-10金山ハイホーム8F

スタイリッシュ茶道 表千家茶道
https://stylishtea.jimdo.com/

茶道の体験もとっても気になりますね^^
では当店LITAのお客様紹介です。

ではお客様紹介です。

DSC_0050

エレガンススノードームワークショップ。
二名様で体験に遊びにいらしてくれました☆

みなさんのご予約お待ちしております!

ABOUTこの記事をかいた人

LITA編集部

【ものづくりの楽しさを、誰にでも】をコンセプトとする名古屋の本山にある手作り体験のお店LITA。
LITAのメディア編集部では当店の体験に関する記事はもちろん、地域活性化を目指して名古屋市内の楽しい情報をスタッフやライターが日々更新中!!

東海は名古屋、関西は大阪にて2店舗を運営しております。(東京店もOPEN準備中!!)

名古屋手作り体験のLITA


大阪の姉妹店LALALAPO

記事ジャンル:当店LITAのPR・ワークショップ(手作り体験) ・名古屋の地域情報 ・ハンドメイド ・その他興味を持ったこと

主要紹介メディア:・名古屋TV ・テレビ愛知 ・ケーブルテレビSTAR CAT ・ラジオZIP-FM ・雑誌KELLY ・雑誌NAGOYA GIRL ・雑誌cheek ・書籍東海ハンドメイドBOOK etc...