アンガス牛 柔らかい 赤身【@伏見 ディナー】

こんにちは。

昨日は久々に会った友達と食事に行きました。

62-1

アンガス牛

こいつを食べて来ました。
こいつの名前はアンガス。

アバディーンアンガス牛。スコットランド東部が原産地で、特徴としては柔らかい赤身です。
日本の良い牛肉は霜降りで脂質が多いのが特徴ですが、
アンガス牛は赤身で脂質が多くないのに柔らかい!!

じっくり弱火で焼き上げてもらい、皆で600g食べきりました。

シンプルに塩コショウでも良いですし、粗びきカスタード、ローストビーフたれでも最高です。

お店の雰囲気も最高で、広々とした中庭が店の真ん中に広がり、ロウソクの光がゆったりとした空間を作り出しています。

この心地いい風が吹く時期に外で食べるアンガス牛は至高ですね。

あー、ばーべーきゅー行きたくなってきました。

是非一度、アンガス牛はいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

LITA編集部

【ものづくりの楽しさを、誰にでも】をコンセプトとする名古屋の本山にある手作り体験のお店LITA。
LITAのメディア編集部では当店の体験に関する記事はもちろん、地域活性化を目指して名古屋市内の楽しい情報をスタッフやライターが日々更新中!!

東海は名古屋、関西は大阪にて2店舗を運営しております。(東京店もOPEN準備中!!)

名古屋手作り体験のLITA


大阪の姉妹店LALALAPO

記事ジャンル:当店LITAのPR・ワークショップ(手作り体験) ・名古屋の地域情報 ・ハンドメイド ・その他興味を持ったこと

主要紹介メディア:・名古屋TV ・テレビ愛知 ・ケーブルテレビSTAR CAT ・ラジオZIP-FM ・雑誌KELLY ・雑誌NAGOYA GIRL ・雑誌cheek ・書籍東海ハンドメイドBOOK etc...