HOT!!

ピサの斜塔は行くべきか?イタリア・トスカーナ州ピサでのお話

イタリア・トスカーナ州ピサへいってきました。今回のブログは以前名古屋からイタリアへ旅行!飛行機の乗車時間などの続きです。ピサへは以前紹介したルッカから、電車で20~45分くらいで行けます。

「20~45分って全然違うよ!」と思われるかも知れませんが、イタリアの電車は遅れたり、止まったりが当たり前のように起こるので、はっきりとどのくらいかかるかは運次第、分からないのです。2,3分の遅れだけでホームに謝罪アナウンスが入る日本に暮らす日本人からしたら、びっくりですよね。ちなみにバスも同じ。私は一度、待ち続けたのに結局来なかったという経験もあります。こうしたゆる~い、のんびりした感じが私は大好きですが、日本人観光客が駅のホームでイライラしていたり、困惑したりしているのを向こうではよく見かけます。イタリアで電車やバスに乗る際は遅延を想定して早めに行動、そしてたとえ遅れても怒らない寛大な心を持って乗って下さいね。

ピサの斜塔は行くべきか?登るのは行列や待ち時間に耐えられるならアリ

誰もが一度はTVや本などで見たことがあるのではないでしょうか。
あのガリレオ・ガリレイが真空落下の実験を行ったことでも有名です。
実はこの白く美しい塔、もともと斜めに建てられたと思っている人が多いのですが、実は地盤沈下によって傾いてしまったんだとか。
定番の写真の撮り方は、遠近法を使った傾く塔を支えるポーズ。
同じポーズを撮る人がずらりと並んでいる光景はちょっとシュールで面白いです。

ピサに行くのは二度目でしたが、今回も斜塔に登るのは断念。前回同様、朝10時頃にはすでに4~5時間待ちの大行列が出来ていました…
今回のタイトル「ピサの斜塔には行くべきか?」という話なのですが、

斜塔に登るのは待ち時間が我慢できる人なら。近くで景観を眺めたり写真を撮影したりするならとっても楽しいのでおすすめです。

ピサの斜塔以外にも見どころがたくさん!

ピサといえば斜塔、と塔に目が行きがちですが、同じ広場にCattedrale(カッテドラーレ=大聖堂)とBattistero(バッティステロ=洗礼堂)、そしてCamposanto(カンポサント=墓所)があります。この3つがまたとっても美しいんです!

大聖堂はDuomo(ドゥオーモ)とも呼ばれ、ピサの教会の中でも重要な役割を持つ大聖堂となっています。建築はロマネスク様式、内装はビザンティン様式の影響を受けたとても美しい聖堂です。最近キリスト教芸術やラテン語を勉強中の私、2年前にはただ綺麗で終わっていた教会の見学も、今回は色々意味が分かってかなり充実した時間を過ごせました。もちろんキリスト教に興味・知識の無い方、芸術に興味のある方・ない方、誰でも楽しめると思います。

大聖堂の西側に建つ聖ジョバンニ洗礼堂は真っ白な大理石で建てられた円形状の建物、キリスト教徒にとって重要な洗礼という儀式を受ける場所です。

そして、大聖堂の北側にある墓所。

墓所なので地面にはたくさんのお墓があり、そこで多くの人が眠っています…
回廊の壁にはフレスコ画があったのですが、第二次世界大戦でほとんどが消失してしまったそうで、とても残念です。私が訪れた日、ちょうど芸術修復の専門家と思われる方々がフレスコの修復をしていました。丁寧に、本当に少しずつ、作業は進みます。こういった方々が多くの素晴らしい芸術作品を支えています。

数学で大きな功績を残したイタリアの数学者フィボナッチ像

中世で最も才能ある数学者とも言われるフィボナッチにも、ここで会うことが出来ます。
私のイタリアのお父さんは化学者なので、(像ですが)彼に会えてとても嬉しそうでした。

ピサの広場のあとは、街をお散歩

グリーンの川とレンガ色の街並みが素敵なところです
イタリアで最も古い歴史を持つ大学の一つ、ピサ大学もあります
ちなみに、日本語ではPisaを「ピサ」と言いますが、イタリア語では「ピザ」または「ピーザ」と発音します。時々日本人の中で、Pizza(食べ物の「ピザ」、イタリア語では「ピッツァ」)の発音と似ている人がいるので、イタリア人と話すとき、旅行で道を尋ねるとき、気をつけて下さいね。それでは今日はここまで。

最後に当店LITAに来てくれたお客様紹介です。

タイルアートフォトフレームのワークショップ。カップル二名様で遊びにいらしてくれました。
小さくて可愛い陶器のタイルをフレームに張り付けていく簡単な作業のワークショップです。普段モノづくりをしない方でも気軽に作ることが出来ます。友達や恋人と思い出の写真を飾っても楽しいと思いますよ☆


☆today’s LITA photo 「botanical sachet」

LITAで人気のワークショップ、ボタニカルサシェ。ドライフラワーを組み合わせてクリーミーな蝋のプレートを彩ろう。大好きなアロマの香りでお部屋が癒しの空間に

LITAは「モノ」と「思い出」が作れるお店。
みなさんのご予約お待ちしております!

リタ子
LITAではスノードーム、バングル、石鹸、植物の寄せ植えなど色々なモノ作り体験を毎日開催しています♪ 観光の記念やデート、女子会や遊びに是非ご利用くださいませ。1回につき1~18名まで対応可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

LITA編集部

【ものづくりの楽しさを、誰にでも】をコンセプトとする名古屋の本山にある手作り体験のお店LITA。
LITAのメディア編集部では当店の体験に関する記事はもちろん、地域活性化を目指して名古屋市内の楽しい情報をスタッフやライターが日々更新中!!

東海は名古屋、関西は大阪にて2店舗を運営しております。(東京店もOPEN準備中!!)

名古屋手作り体験のLITA


大阪の姉妹店LALALAPO

記事ジャンル:当店LITAのPR・ワークショップ(手作り体験) ・名古屋の地域情報 ・ハンドメイド ・その他興味を持ったこと

主要紹介メディア:・名古屋TV ・テレビ愛知 ・ケーブルテレビSTAR CAT ・ラジオZIP-FM ・雑誌KELLY ・雑誌NAGOYA GIRL ・雑誌cheek ・書籍東海ハンドメイドBOOK etc...