写真家 【一日体験教室 名古屋】 - 【名古屋・手作り体験】ワークショップ・愛知県 体験施設のLITA
メインメニュー

写真家 【一日体験教室 名古屋】

初めて会った人に自分の職業を『何やってると思います?』と聞いたとき、写真家や画家に間違えられたくて、日々研究をしています阿部です。笑

普通は売れている写真家や画家に見られる格好を目指すべきなんでしょうが(目指している時点で普通ではないが)
私の場合、少し願望がゆがんでいて『売れてない人』に見られたいんですよ。
切磋琢磨して最前線を走る人よりも、対して売れてもないくせに日々のらりくらりと生きている。そんな風に見られることが目標 笑
別に凄くもなんともないのでしょうけど、なんか格好良くて憧れるんですよね。そういう奴らって。
私と同じインドア族で、尚且つ違う生き方だからでしょうか。

そんなわけで2017年の個人的ファッショントレンドは『売れない写真家&画家』で決定。

彼らを頭の中でイメージしたときに、ふと出てくるキーアイテムがベレー帽です。
すると私は甘いものを見た子供のように貪欲になり、前後を忘れ、もう買わずにはいられない。
ふと気が付くと楽天市場でポチっていました。

写真家 体験

暑がりなので先を見越してコットン素材のものを選びました。
フランス製と謳っていましたが、4000円くらいで購入したので程良く安っぽいです。
けれど売れない写真家や画家達の『胡散臭さ』は表現できたと思います。

画家 体験

ネップ(糸の塊が飛び出した)のかかった子汚い生地がまた、だらしなくて良いです。
ちゃんと収入あるの?ご飯食べてるの?大丈夫なの?とお母さんから言われそうな清潔感の無い生地。

写真家への憧れ

一人で食べるありきたりなオムライスのランチ。
例え隣の席で、時間に追われたサラリーマンが搔き込む勢いでがむしゃらに食べていたとしても、
そこにベレー帽さえあれば写真家確定。画家確定。ボーナス確定。
彼らの非日常的な夢を追うリアルな生き方に、一つ近づいた気がします。

私のように『売れない写真家の世界観』に憧れるという方。きっと話が合います。飲みに行きましょう笑

ではお客様紹介です。

画家の生き方

ボタニカルサシェのワークショップ(一日体験教室)。
二名様で遊びに来てくれました☆

みなさんのご予約お待ちしております!


予約申し込みボタン

LITAインスタグラム